倉谷不動滝 二の滝 >> 落差 30m 2008/12/01
一の滝から約30分沢に沿って登って来るとこの滝に出会えます。
この谷は広くて明るいし、ゆるやかな登りで比較的歩き易いのでおすすめかも・・・
しかし案内板では上級コースになっているのでそれなりの危険があります。
正面よりのショット。
この滝にとってこの水量は少ない方なのかな。
滝口の様子。
滝下から見上げる滝口。
滝壺の様子。
滝前からの遠望。
三の滝まで行こうか、辞めようか・・・
後ろ髪を惹かれる思いで振り返ってのショット。
結局ピストンでは危険と判断して諦めました。
この滝は二の滝の右、支流からの滝です。
上段の落差は約10m位、三段になって本流に合流していました。
二の滝に比べるとやや見劣りしますが・・・立派な滝姿です。
下調べの段階でこの滝の情報は皆無だったのでチョットビックリしました。
上段の滝下から見上げてみました。
滝壺の様子。
滝中段から見上げてみるとこんな感じ。

二の滝と脇滝のワンショット。
段が峰登山道滝登りコースとなっていたので暗いイメージを持っていたのですが・・・
二の滝までは予想に反して明るい広々とした谷でした。
足場も一部崩落した部分がありましたが比較的歩き易かったです。


二の滝へ向う途中にある滑床。
100m以上続いていました。
上段部分。
裸足で歩けばさぞ気持ち良いだろうと・・・
下段部分。
大きな淵を持っており夏場の水遊びには
もってこいの場所。
下流にお不動様が祀られているので
不謹慎ではありますが
所在地 生野町栃原
訪滝案内
アクセスは「倉谷不動滝」を参考にして下さい。


一の滝の右に捲き道があるのでそこから一の滝の滝口へ。
後は沢に沿って進むだけです。
途中崩落した所がありガレ場を登る事になりますが簡単にクリア出来ると思います。
何度か沢を跨ぐのでそれなりの準備をお願いします。
一の滝から約30分位懸かったと思います。
2008/12/01


Homeへ >> 滝Mapへ >> 朝来市Topへ >> ページTopへ >>